定期的な検査をして早期発見をできるようにしましょう

早期発見をしましょう

病院

胆のうがんは早期発見ができれば完治が期待できる

早期発見ができれば大事に至る可能性は極めて低いのが、胆のうがんです。しかし、初期症状が分かりにくく発見が遅れるということも多くあります。ですから、胆のうがんのことを十分に知っておく必要があるでしょう。

すぐに自覚症状がでることがない

胆のうは袋状の臓器なので、中でポリープが大きくなっても痛みや違和感を感じることがありません。自覚症状が起きる頃には、進行して胆管や肝臓にまで広がることで痛みや黄疸といって症状が出てきます。

早期の治療ができれば5年生存率は100%に近くになります

早期の段階であれば手術も大掛かりにはならず体への負担を抑えることができます。ですから、5年生存率は100%近くになるのです。しかし、胆管や肝臓まで進行してしまうと大掛かりな手術をしないといけません。そうなると、体に負担がかかり5年生存率も半分になります。

胆のうがんの種類によっては進行が早い場合がある

進行は比較的遅いとされている胆のうがんですが、種類によってがんの進行が早い場合があります。このような進行が早いがんを平坦浸潤型と言います。このタイプのがんは、肝臓や胆管だけではなくリンパ節への転移の早いという特徴があります。

初期症状が分かりにくい胆のうがんは定期的な検査が重要です

初期症状で見つけるには、定期的な検査を受けることが重要になります。そうすることで、自分では気付くことができなくても発見することが可能です。

広告募集中